防犯カメラ|監視カメラ|録画機
防犯カメラ|監視カメラ|録画機

防犯カメラ|監視カメラ|録画機|DVRレコーダー|教務用品のフォーテックス

セキュリティシステム事業部

IPカメラとは

ネットワークカメラの意味です。
カメラとコンピュータを融合させたユニットカメラを意味します。

IPとは、Internet Protocolの略で、インターネットを構築する場合などに使われるネットワークアドレスのことです。 IPカメラは有線や無線のLAN機能を持つネットワークカメラの事です。 ネットワーク環境があれば、異なる場所に設置したカメラも、インターネットを通じてカメラ映像を受信し、監視・操作・録画が可能になります。



〇メリット
企業などの場合、駐車場などにカメラを設置する事により、離れた営業所から監視ができ、本社等、さらに遠方の 場所でもリアルタイムで監視・操作・録画が可能になります。 デジタル映像(メガピクセル)のため、解像度がアナログ・AHDなどより圧倒的に高く、犯人の顔の特定など、鮮明な映像が監視可能になります。 既に設定をしている場所なら、カメラの台数を増加する事も比較的簡単です。



〇デメリット
ネットワーク環境が構築されている事が前提ですので、回線の構築及び機器に費用がかかり、防犯カメラ本体も 従来のカメラより金額が高くなります。 また、インターネットの混雑状況により、映像の途切れたり、ブロックノイズ、フリーズする可能性がございます。




上記の内容は一部Wikipediaを引用しております。
こちらの防犯カメラ用語辞典のよくある質問に含まれない質問などがございましたら、
お問い合わせもしくは、TEL:047-402-4500 (AM9:00~PM6:00 土日を除く) にてお受けいたしております。


4.5 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 評価 4.50 (6 件の評価)

お問い合わせ

TEL
047-402-4500
eFAX03-4496-4167
お問い合わせ
営業時間【9:00~18:00】月~金
※土日祝 休業日 (お問い合わせ)

Who's Online

ゲスト 530人 と メンバー0人 がオンラインです

img3.jpg